クレジットカード現金化を口コミ比較!【優良店のみ掲載】

現金化店舗掲載:26
最終更新日:2018年12月16日

クレジットカード現金化とは?その方法とメリット、気を付けておきたい点

お金に困った時には、クレジットカード現金化という手段があります。クレジットカードを所持していることが条件になりますが、枠さえ空いていればその分を現金にすることができます。

ここではその具体的な方法と、この手段によるメリット、及び注意点をまとめてみます。

現金化業者を使う手があります

女性

クレジットカード現金化は、それを専門に扱っている専門の業者を使うのが一番分かりやすく、簡単に行うことができます。このような業者はネットで”クレジットカード現金化”と検索をすると、いくつも出てきます。基本的にネットでのやりとりだけで現金化できるので、どこかに出向く必要はありません。

ここで注意したいのは、業者によって換金率がまちまちだという点です。10万円分のクレジットカードの枠を現金化した時に、8万円の現金になる業者もあれば、6万円にしかならない業者も存在します。

また、この換金率はその業者のホームページ上に公開されていますが、それがそのまま適用される訳ではないという点にも気を付けないといけません。そこでは90%などと高い数字が書かれていても、実際には70%程度のことも普通にあります。その理由として、換金率は90%でも、そこから諸経費や消費税が差し引かれて、最終的に70%程度になってしまうのです。

その為、どのような業者を使えばいいのかを見分けるのは難しいですが、現金化の依頼の前に電話で問い合わせてみるのがいいでしょう。そこで、いくら分を現金化すると実際にどれくらいのお金になるのかを直接聞いてみてください。

これをきちんと答えなかったり、ぼんやりとしか答えない業者は利用しない方が無難です。実質的な換金率の高い業者ほど、ちゃんと答えてくれることがほとんどです。

業者の主な現金化の方式は2種類です

お金

業者を利用したクレジットカード現金化には、大きく分けて2種類の方式があります。1つはキャッシュバック型と呼ばれる方式で、クレジットカードを使ってその業者から買い物をして、その金額に応じた購入特典のキャッシュバックが受けるという形で現金を受け取ります。(振込です)

もう1つは買取型と呼ばれる方式で、同様にクレジットカードで現金化業者(または指定されたECサイト)から買い物をすると、それをその場で買取ってもらえて、その分の買取金額を受け取るという形になります。

以前は前者のキャッシュバック方式がメインでしたが、最近では後者の買取型の方が増えてきました。これは、例えば10万円分の商品を購入した際に、7万円や8万円もキャッシュバックをするのは不自然極まりないからです。直接法に触れているという訳ではありませんが、そのようなことをいつも行っていては色々なところから目を付けられてしまいます。

そこで、現在では後者の買取型が大半を占めるようになりました。

ただし、この買取型の現金化を利用するには、身分証明書の提示が必要になります。それは、物を買取って現金を渡すという行為は古物営業法に沿って行わなければならず、1万円以上の買取には必ず身分証明書が必要になるからです。

また、キャッシュバック方式より、買取方式の方が換金率が高いという特徴もあります。前者だと70~75%程度のことがほとんどですが、後者なら80%近い換金率も期待できます。身分証明書こそ必要になりますが、少しでも高い換金率で現金化を行いたいなら買取方式の業者を選択しましょう。

自分で行うという手もありますが…

女性

クレジットカード現金化は実は自分でも行うことができます。その方法は、クレジットカードで高価で世間的に人気のある商品を購入し、それを売却してお金にするというごく単純な方法です。

ですが、この方法には限界があり、とても70%や75%などという換金率にはなりません。一時的に人気になっているゲーム機などを購入してすぐに売却をすれば80%以上になることも珍しくありませんが、常にそのようなタイミングで現金化ができる訳ではないからです。

そこでおすすめなのが、Amazonギフト券を使った現金化です。このAmazonギフト券はクレジットカードで購入できる電子商品券で、金額を自由に指定できます。有効期限こそありますが、現在ではそれが発行から10年になっているので無いようなものです。よって、これをクレジットカードで購入して買取業者に売却すると、そのまま現金化ができてしまいます。

Amazonギフト券はとても人気の商品券なので、買取率も高く、90%近いことも多いです。下手な業者を使うより高い換金率でのクレジットカード現金化が自分だけで行えます。

しかし、あまり何度もクレジットカードでこのAmazonギフト券を購入していると、さすがに現金化を疑われてしまいます。それによってクレジットカードの利用を停止させられてしまう可能性もあるだけに、この方法はいざとなった時だけに留めていくことが大切です。

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

マルバツ

クレジットカード現金化は、本来はショッピングにしか利用できない枠を現金にできるという最大のメリットの他に、信用情報にキャッシングの利用記録が付かないというメリットもあります。

この信用情報とは、個人別のどこからいくら借りている、きちんと返済しているということが全て分かる業界の共通情報で、A社からお金を借りていると、それが同業のB社やC社にも分かるという具合です。それによってまだ貸せる、貸せないという判断(審査)を行っています。

キャッシングの記録は全てこれに載ってしまいますが、クレジットカードでショッピングをする分にはその記録しか残りません。クレジットカードは誰でも使うものなので、多少高い買い物をした(高額分を現金化した)記録があったところで、特に問題にはなりません。また、キャッシングとクレジットカードの利用は別の信用情報になるので、現金化によってキャッシングの方の信用情報が汚れる心配もありません。

逆にデメリット面としては、利用した金額全てが現金になる訳ではないという点です。10万円分を現金化すると、業者を利用した場合には高くても8万円程度が上限です。Amazonギフト券を使って自分で行ったとしても9万円弱まででしょう。

つまり、現金化を行う度に必ず1割や2割は手数料とも言える分を損していまいます。

キャッシングを行ったとしても、そこまで高い金利手数料は掛かりません。よって、クレジットカード現金化はどうしてもお金が必要になった時の緊急的な手段だと考えておきましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は、枠が空いているクレジットカードだけで簡単に現金を作ることができますが、決して日常的を行うものではありません。何より、実際の現金になる分以外の損になってしまう分が大きいからです。

この方法は確かに便利ですぐにお金を手に入れることができますが、キャッシングの審査に落ちてしまった場合や、どうしてもすぐに現金が必要だという場合に行う程度に留めておきましょう。

クレジットカード現金化口コミ比較サイト<フィナーレ>| TOPへもどる↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ現金化業者
和光クレジット
和光クレジット
本日のアクセスランキング

まだデータがありません。

類似サイトにご注意ください!!

当サイトクレジットカード現金化口コミ比較サイト<フィナーレ>2018年優良店ランキング!に酷似した名称、デザインを騙ったサイトが複数存在することが報告されております。当サイトとは一切の関係がございませんのでご注意ください。

カード現金化に対する注意喚起

消費者庁
国民生活センター
日本クレジット協会